愛しのドールをプロデュース -Nostalgic Story PartⅡ- 第四話「DS」

前回のNostalgic Storyはノスタルジアの過去話。
三人目のノスタルジアにして元リーダーのマリルのご紹介でした。
彼女の歌唱力は他のドール達と比べ物にならないほどレベルが高く、仲間思いの少女です。
そんな彼女は同じ事務所のマイ、マユの二人と「ノスタルジア」というユニットを結成しデビューイベントを行いました。
しかしデビューイベントの最中、彼女達を見ていた観客、スタッフ達が次々に気絶していくという摩訶不思議な事態が発生!
マリルは何故この様な現象が起こったのか心当たりがあるようで…。

…あらすじの時にブッこむネタが尽きたから普通になっちまった…。
ちなみに今回でNostalgic Story第二部~衣装潮流~ラストです。




マイ「何でこんな事になっちゃったんだろうな・・・。」

マユ「わたくし達のイベントを見たお客さんが全員次々と失神・・・どう考えても偶然じゃありませんわ・・・。
    でも理由が・・・理由に心当たりが全くありませんわ・・・。」

マリル「・・・DS・・・。」

マイ「えっ?」

マリル「彼らが気を失ったのはたぶんDS・・・ドールショックのせい。」

PB173877.jpg

マユ「ドールショック・・・?」

マリル「私達を見て衝撃を受ける事。ドールに対する愛しい気持ちが高まりすぎて心臓に負担を与えてしまう現象。

マイ「じゃあ何だ、ウチらのイベントを見た人たちはウチらの可愛さにショックを受けて失神したって事か!?んな馬鹿なーっ!!」

マリル「その症状にかかった人のドールブログを見たことがある。
     その人はドールを見て失神はしないものの、あまりの可愛さに普段とまるで別人のような見るも無残なテンションになったり、
    症状が酷い時は鼻血を出す事もあったらしい。


マイ「…なんか気持ち悪いなそれ。」

PB173879.jpg

マユ「知りませんでしたわ・・・まさかわたくし達が人々にそんな凄まじい影響を与えているなんて・・・。」

マイ「でもどう対策すればいいんだ!?せっかくデビューできたのに、これじゃ危なすぎて活動なんて出来ないぞ!」

マリル「…解決策はある。私がノスタルジアを脱退すれば良い。

マイ・マユ「!?」

PB173881.jpg

マイ「はぁ!?何バカなこと言ってんだーっ!?」

マユ「マリル、リーダーの貴女なくしてノスタルジアというユニットは成立しませんわ。
    そもそも貴女の脱退が問題の解決に繋がるとは到底思えませんし。」

マリル「根拠はある。今のノスタルジアは可愛すぎる。完璧すぎる。ファンの人達にショックを与えてしまうのも当然。
    だから私が抜けてノスタルジアのレベルを下げる。
     そうすれば応援してくれる人達へ与えるショックはきっと和らぐ。活動も続けられる。」

マイ「だからってマリルを脱退させるわけにはいかないだろーっ!この三人で活動出来ないんだったら解散だーっ!!」

マユ「私もマイに賛同ですわ。そのDSという訳の分からない症状も信じられませんし、きっと次のイベントは上手くいくはずですわ…
    見て下さっている方々全員が最後までずっと笑顔でいられるイベントが!」

PB173885.jpg

マリル「…いや、力を制御できない今の私達では何度イベントを行っても同じ悲劇を繰り返してしまう。
    DSの一番の原因の私は脱退しなければいけない。」

マイ「さっきから聞いてれば原因は私だの脱退するのは私だの…思いあがるなーっ!
   いいか、何もDSを与えているのはマリルだけじゃない、ウチら二人のせいでもあるんだぞーっ!!」

感情をむき出しにして激怒するマイ。
これほど怒る彼女の姿を見たことがなかった二人も、思わずたじろぐ。

マイ「一番DSを与えるメンバーが脱退するのが最善なのは分かった、確かに一番手っ取り早いからな…。
   でも、だったらまずはウチと勝負しろ、マリル!
   もしウチの方がファンに与えるDSが大きかったら、脱退するのはマリルじゃなくてウチって事になるんだからなーっ!!」

マユ「ちょっとマイ!?」

PB173887.jpg


マリル「…分かった。私、デビューイベントの時と同じくらい本気のパフォーマンスをするから、負ける覚悟をして。」

PB173896.jpg

Bパートを個人で頼んで良いかな?

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : ドール
ジャンル : 趣味・実用

愛しのドールをプロデュース -Nostalgic Story PartⅡ- 第三話「マリル」

大変長らくお待たせしました…。
愛しのドールをプロデュース -Nostalgic Story PartⅡ- 第三話です。
前回はどこまで進めましたっけ…あぁ、ファッションショーのイベントでゆる襟ニット着こなし隊がノスタルジアに敗北した所でした。
ノスタルジアは勝利後、こんな奇妙な事を言ってましたね。

マイ「次のステージバトルで最後だ、愛しのドール!」

マユ「最後の対決…きっとわたくし達のドールアイドル独占が決まるステージ!あの娘も引き連れ、全力でいかせて頂きますわ!」

そう、「あの娘」と…。






2012年4月某日

「ノスタルジア」は結成当時、三人組のユニットだった。
身体能力抜群でチャレンジ精神が旺盛なマイ

PB304373.jpg

お嬢様のように麗しく凛とした佇まいのマユ

PB304380.jpg

そしてノスタルジアを脱退した元リーダー・・・マリル

PB304384.jpg

マリルはリセが移籍した後、新たな歌姫としてノスタルジアの事務所にスカウトされた。

マイ「見なよマユ、あの子がリセの代わりに入った新人らしいぞ!しかもウチらと一緒にユニットを組む予定だってさ!!」

マユ「なんてお綺麗な歌声…彼女の歌声以外、全く耳に入らないほど魅力的ですわ…!」

PC154954.jpg

彼女はリセが抜けた穴を埋めるには十分すぎるほどの逸材だった。
ビジュアルレベル、ダンスレベルはさることながら、最も注目すべきは彼女のボーカルレベルであった。
歌を歌う姿はディーバと呼ぶに相応しく(見た目的にも)、透き通るような歌声は聴いた者の心を鷲掴みにした。

PC154951.jpg

マイ「ブラボー!おお…ブラボー!!」

マユ「見事な歌声でしたわ…こちらはマイ、わたくしはマユと申しますわ。」

マリル「…ありがとう。私の名前はマリル。」

PC154955.jpg

マイ「たぶんキミとユニット組むことになるから、よろしくなーっマリル!」

マリル「…よろしく。」

マイ「いやー前にこの事務所にいたリセが移籍しちゃってから寂しくてさー!新しい仲間が出来て嬉しいよ!」

マユ「リセの移籍は突然でしたものね…突然男の人がリセを連れ出したと思ったらあっという間に…。」

マリル「仲間…。」

PC154957.jpg

彼女は口数が少なく、素直な気持ちを表に出さないので伝わり辛い事も多い。
しかし内に秘めた思いやりによってメンバーから信頼され、自然とリーダーに決まっていた。
ノスタルジアのメンバーがステージで着る衣装で揉めた時は、彼女の密かな心遣いで解決した。

マイ「何で全員お揃いの衣装じゃないんだよーっ!一人だけ色違いなんてヤダからなーっ!」

マユ「まさか一着だけ色違いの赤い衣装が出来上がるなんて・・・発注ミスか何かかしら?」

マリル「公平にジャンケン。文句なしの一発勝負。負けた人が色違いの衣装を着る。」

PC154959.jpg

マイ「絶対に勝ってやるぞ!!」

マユ「いきますわよ?ジャンケン・・・ポイ!」

PC154960.jpg

マイ「あ゛ーっ負けた!マジかよウチが色違いの赤いやつを着るのか!!」

マユ「残念でしたわね。まぁ目立っていいと思いますわよ?わたくしは色違いなんて絶対に嫌ですけど。」

マイ「余計な一言を付け加えるんじゃねぇーっ!」

PC154967.jpg

マリル「・・・マイ、色違いの衣装がそんなに嫌なら私が着る。」

マイ「いやー・・・ジャンケンに負けたのはウチだし良いよ別に・・・我慢する。」

マリル「・・・よくよく考えたら色違いの特別仕様の衣装を着るのはリーダーの特権。
    というか私、実は密かに気に入っていたからこれ着たい。」

マイ「あっそーなの?何だもっと早く言ってくれよなーっ!」

マユ「・・・全くしょうがないですわね・・・二人とも。」

PC154970.jpg

マリルは内気なせいか、自分が気遣っている事を相手に知られる事を嫌う。
幸いなことにマイは単純なためか、マリルの気遣いに全く気付かない。
マユはそんな二人の性格を完璧に理解し、空気を読む。
そのためユニット内の関係は良好で上手くいっていた。

だが、三人の活動は長く続かなかった…デビューイベントで起きた事件によってマリルは脱退してしまう事となる。
それもまた彼女の自己犠牲によるものだった・・・。

PC155000.jpg

Bパートに続くのはもはや常識!
ちなみに次のパートは若干ホラー入ってます。

続きを読む

テーマ : ドール
ジャンル : 趣味・実用

愛しのドールをプロデュース -Nostalgic Story PartⅡ- 第二話「可変式コーディネート」

前回のあらすじ

約1年半ぶりに活動を再開したゆる襟ニット着こなし隊!
これほど空白期間があったにも関わらず、その間にもゆる襟好きですね的な事を時々言われて私は驚きを隠しきれない!!
そんな中、着こなし隊の前にこれまた久々のライバルユニット「ノスタルジア」が姿を現した!!!
彼女達が自信を持ってステージ上で披露しようとする「可変式コーディネート」とは一体何なのか!!!!
公式にあるサアラズ ア・ラ・モード『Maya/Nostalgic Story Collection』(マヤ/ノスタルジック ストーリー コレクション)の
商品カタログ(裏面)を読めば、今回取り入れたネタの大半が分かっちゃうぞ!!!!!
http://www.azone-int.jp/?sid=ctl200&id=70







司会者「今回のファッションもいつも通り、遥か遠い昔に想いをはせるノスタルジックな装い(公式より抜粋)ですね!」

マイ「いつも通り…?ヘイ、司会者!今いつも通りって言ったのか?」

P8110637.jpg


司会者「へ?」

マユ「今回は決していつも通りではありません。この衣装には無限の可能性が秘められておりますわ。」

マイ「いっくぞーっ!これがあらゆるファンのニーズに対応した新時代のファッション!可変式コーディネート!!」

P8110642.jpg

リセ「可変式コーディネート…?」

マイ「Style1(スタイルワン)…」

P8110645.jpg

何と!
ス、ス、スス…スカートに手をかけたぁー!?

マキ「おーっと、見ちゃダメだよP~。」

P7104308.jpg

はぁん…見えない!
でもマキの顔メッチャ近い!!
これはこれで結果的に良し!!!

マイ「ボーイッシュスタイル!」

P8110655.jpg

マミ「スカートの下にハーフパンツを!?」


司会者「何という事でしょう!ノスタルジックでお嬢様な装いから一転、ボーイッシュになったー!」

ほぉ~う。
なるほど、スカートの下にハーフパンツを仕込んでいたのか。
観客の目を惹きつけてからの大胆なコンセプトチェンジ…やるな!

マユ「Style2(スタイルツー)!!オトナスタイル!!」

P8110659.jpg

スタイルツー…だとぉ!?
今度は一瞬にしてスカートがパニエに変わりやがった…!


司会者「ほんのちょっぴりアダルティー!パニエの黒レースが大人っぽい印象を与えますね!!」

マリ…見えたか?
今の一瞬の早着替えが…。

マリ「えぇ、私達がマイさんに注目している間にマユさんが早着替えをしてました…何てコンビネーションなのでしょうか…。」

スカートを脱いでマイ一人に注目を集めた隙に着替えるのが奴らの作戦か…考えやがったな。

マイ「Style3(スタイルスリー)!!!セイフクスタイル!!!」

P8110663.jpg

まだ変化するのか、あの衣装…ってうおぉーっ!
個人的には一番好きなコーデパターンだゼーット!!


司会者「若々しくフレッシュ!制服はファッションの一つと思わせてしまうほど魅力的です!!」

マキ「たった一つの衣装だけで色んなスタイルが出来るなんて…ずるーい!」

リセ「くっ…まさかあの衣装にあんな力が備わっていたなんて…!」

P7104311.jpg


司会者「これはお見事です、ノスタルジア!多種多様に変化するコーデ…今回のイベントで最も盛り上がった事でしょう!!」

マユ「わたくし達はいつでも!全力で!!」

マイ「どんな人のニーズにも応えてやるぞーっ!!!」

P8110665.jpg

Aパートから続きを読むを経由してBパート。
例え異国の地で乗り換えに手間取っても、狼狽えるんじゃあない…!

続きを読む

テーマ : ドール
ジャンル : 趣味・実用

愛しのドールをプロデュース -Nostalgic Story PartⅡ- 第一話「ファッションイベント」

「ノスタルジア」

P7044141.jpg

優れた身体能力を持つ二人組のドールアイドルユニット。
超クール(ただの根暗)な(自称)天才ドールプロデューサー「AkiP」率いる愛ドル達をライバル視しており、
イベントステージで真っ向から勝負を挑んだ。

201303171104450af[1]

彼女達はステージ上で愛ドル達とのパフォーマンスの差を全世界に見せつけドールアイドルというジャンルを独占しようと目論むも、
その野望はたった一人の愛ドル「アリサ」の自由気ままなステージパフォーマンスによって脆くも崩れ去った。

201303310020496dc[1]

それから約半年の月日が過ぎ…








イベント会場ステージ裏

ほらマミ、ゆる襟が曲がってるぞ。

マミ「っさいわねー今直すとこだったのよ。つーか何よそのネクタイ曲がってるぞ的な言い方。新婚ホヤホヤの奥さんか!」

P7104279.jpg

じゃあ行って来ますのチューでも…

マミ「するか!」

P7104282.jpg

オレ 結婚した
…わけもなく。そんな事有り得るはずもなく。

今日はとあるファッションイベントに「ゆる襟ニット着こなし隊」がお呼ばれした。
ノスタルジアの一件以来、いつノスタルジアの二人に寝首をかかれるのか分からないので
イベント出演は自粛していたのだが、今回は特別。

だってゆる襟の素晴らしさを好き勝手に披露できる機会なんですもの!
逃すはずないじゃないですかーもーやだぁー!!


ちなみにマヤ、サユ、小春、アリサの四人は別の仕事場へ行っている。
リセはこのファッションイベントが終わったら四人と合流し、「まっくす☆きゅーと」の生ライブ中継があるのだ。
二つのユニットを掛け持ちしているリセ…ハードだね。

マリ「さて、そろそろ私たちの出番のようですよ?」

リセ「そうね…行く前にリーダーから一言、どうぞ。」

P7104286.jpg

マキ「今日もゆる~く行きまっしょい!」

マミ「リーダーはアタシだっつーの!!」

P7104291.jpg



司会者「続いては愛しのドールユニット、ゆる襟ニット着こなし隊の登場です!」

PA063158[1]

\着こなし隊きたあぁ!/ \チケット買って良かった!/ \財布のヒモもゆるくなるな!/

???「おっ…いよいよ着こなし隊のお出ましみたいだぞーっ!」

P7044161.jpg

???「今回は圧倒的な差を見せ付けられますわ…わたくし達の「可変式コーディネート」にハマらない者は誰一人おりませんもの。」

P7044162.jpg

Aパートは以上だぜ、ヒャッハー!

続きを読む

テーマ : ドール
ジャンル : 趣味・実用

愛しのドールをプロデュース -Nostalgic Story- 第四話「崩れ去る野望」

前回のプロデュースって5日前?10日前??じゃあ6日前か???
ステージ裏へ行こうとしたら、なじられただけだったプロデューサーはリセと合流!
一方、ステージ裏でマヤ達はノスタルジアの野望を知り、ほんのちょっぴり愕然とするッ!!
そんな中、何気なく近づくリセと私は話を全て聞きノスタルジアと対面!!!
かつてノスタルジアと同じ事務所に所属していたリセは二人に向かって作戦は失敗すると断言した!!!!




アリサ「みんなー☆今日はアリサだけのために会場へ来てくれてありがとー♪」

P3270217[1]

マイ「はぁ!?なんかとんでもない事を言い出したぞアイツ!?」

P3300312[1]

ノスタルジアのファン達「何だあの娘?」 「俺達はノスタルジアのイベントに来ただけだぞ。」

アリサ「今日はねーアリサ初のソロステージだから、とっても心細いのー…。」

P3270233[1]

ノスタルジアのファン?達「あっやべっ、ちょっと応援したくなってきた…!」 「なんか守ってあげたくなる感じの娘だな…!」

マミ「嘘つきなさいよ!ノリノリでステージに残ったくせに!!」

P3300313[1]

…マミ、アリサを知らない会場の人達が応援し始めているのに、お前が応援しなくてどうする…。

アリサ「でも、だんだん勇気が沸いてきたよー♪だって、だってー…」

「みんなの素敵な笑顔がアリサを応援してくれてるから☆」

P3280248[1]

ノスタルジアアリサのファン達「うおぉぉぉーーー!!!」

マユ「あんなベタな言葉でアウェーの会場を沸かせるなんて…何なんですの…一体何なんですのあの娘は…!?」

P3300325[1]

ヤツは知っている…ファンの心を…そして自分自身の魅力を!
…たぶん。

アリサ「じゃーいつもの挨拶、いっくよー♪」

ファン達「はあぁぁい!」

マヤ「…ね~P、いつもの挨拶なんてあったっけ…?」

さぁ…俺も知らないんだけど…ていうか会場の人達も知ってるわけないだろ…。

P3300320[1]

アリサ「アリサに教えて☆みんなに聞いちゃう3Kの質問ー♪」

P3280243[1]

ファン達「イエェェェー!」

アリサ「かしましすぎるアリサは無しー?」

P3280255[1]

ファン達「有りさー!」

アリサ「かしこすぎるアリサは無しー??」

P3280275[1]

ファン達「有りさー!!」

アリサ「かわいすぎるアリサは無しー???」

P3280269[1]

ファン達「もちろん有りさー!!!」

アリサ「はい、なんでも有りな一番可愛い愛ドル、アリサでーす♪よろしくお願いしまーす♪」

P3280237[1]

ファン達「アリサちゃーん!」「アリサたーん!!」「あーりーん!!!」

…無しだろ。

Bパートへ続くかァ~ 続くかァ~ 続・くゥ・カァ?

P3098899 1[1]

続きを読む

テーマ : ドール
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

遊びに来てくれてありがと~♪

このプロフィール画像、超可愛い!!

プロデューサー名
"dollm@ster" AkiP

プロデュース方針
・ドールの可愛さを伝える
・お気に入りのドールの魅力を引き出す
・ドールに対する内に秘めた感情を発散する
・ドールによる寸劇・ドラマを繰り広げる

当ブログはリンクフリーです

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最新記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ファン人数
バロメーター
ブログランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: