愛しのドールをプロデュース -Nostalgic Story- 第四話「崩れ去る野望」

前回のプロデュースって5日前?10日前??じゃあ6日前か???
ステージ裏へ行こうとしたら、なじられただけだったプロデューサーはリセと合流!
一方、ステージ裏でマヤ達はノスタルジアの野望を知り、ほんのちょっぴり愕然とするッ!!
そんな中、何気なく近づくリセと私は話を全て聞きノスタルジアと対面!!!
かつてノスタルジアと同じ事務所に所属していたリセは二人に向かって作戦は失敗すると断言した!!!!




アリサ「みんなー☆今日はアリサだけのために会場へ来てくれてありがとー♪」

P3270217[1]

マイ「はぁ!?なんかとんでもない事を言い出したぞアイツ!?」

P3300312[1]

ノスタルジアのファン達「何だあの娘?」 「俺達はノスタルジアのイベントに来ただけだぞ。」

アリサ「今日はねーアリサ初のソロステージだから、とっても心細いのー…。」

P3270233[1]

ノスタルジアのファン?達「あっやべっ、ちょっと応援したくなってきた…!」 「なんか守ってあげたくなる感じの娘だな…!」

マミ「嘘つきなさいよ!ノリノリでステージに残ったくせに!!」

P3300313[1]

…マミ、アリサを知らない会場の人達が応援し始めているのに、お前が応援しなくてどうする…。

アリサ「でも、だんだん勇気が沸いてきたよー♪だって、だってー…」

「みんなの素敵な笑顔がアリサを応援してくれてるから☆」

P3280248[1]

ノスタルジアアリサのファン達「うおぉぉぉーーー!!!」

マユ「あんなベタな言葉でアウェーの会場を沸かせるなんて…何なんですの…一体何なんですのあの娘は…!?」

P3300325[1]

ヤツは知っている…ファンの心を…そして自分自身の魅力を!
…たぶん。

アリサ「じゃーいつもの挨拶、いっくよー♪」

ファン達「はあぁぁい!」

マヤ「…ね~P、いつもの挨拶なんてあったっけ…?」

さぁ…俺も知らないんだけど…ていうか会場の人達も知ってるわけないだろ…。

P3300320[1]

アリサ「アリサに教えて☆みんなに聞いちゃう3Kの質問ー♪」

P3280243[1]

ファン達「イエェェェー!」

アリサ「かしましすぎるアリサは無しー?」

P3280255[1]

ファン達「有りさー!」

アリサ「かしこすぎるアリサは無しー??」

P3280275[1]

ファン達「有りさー!!」

アリサ「かわいすぎるアリサは無しー???」

P3280269[1]

ファン達「もちろん有りさー!!!」

アリサ「はい、なんでも有りな一番可愛い愛ドル、アリサでーす♪よろしくお願いしまーす♪」

P3280237[1]

ファン達「アリサちゃーん!」「アリサたーん!!」「あーりーん!!!」

…無しだろ。

Bパートへ続くかァ~ 続くかァ~ 続・くゥ・カァ?

P3098899 1[1]

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : ドール
ジャンル : 趣味・実用

愛ドル候補生小春・ファイナルプロデュース

先日、安定の水曜日に安定のなべなべさんと安定の森林公園へ行ってきました~。
…そして安定の雨…(笑)
上記の条件時の雨率が奇跡的な数値を叩き出している気がします…。

何という事だ…日の光が無ければ普段の力の半分…いや、1/10も出せんぞ…。
ただでさえ力ド不足だというのに、見て下さいよこの色味の無い桜の一枚…。

P3279397[1]

露出を上げて明るくしてもこのザマだと…?
こうなったらくらえ、必殺のファンタジックフォーカス!
この力を使っていつも通り色々誤魔化してやるぜ!!

P3279388[1]

しっ信じられん!
全く効果が無いどころか余計に寒々しいぞ!!
やはり日光の力を借りなければダメダメだという事か…。

困り果てました…この日は小春の候補生卒業試験も兼ねた大切な1日だというのに…。

P3279422[1]

あー…卒業的着物な可愛い衣装を着た小春ちゃんの持ち味が全然生かせてないぞー…。
色味がもう全然…このままだと小春の卒業もかなり危ういです。
何しろ卒業の条件は私に「可愛い」と5回言わせなければならないという、非常にシビアな条件なのですから。
これはもう留年して来年に賭けるしか…

小春「プロデューサー、この小春…このくらいじゃ諦めませんよー!」

P3279507[1]

可愛い可愛い可愛い可愛い可愛い!!!!!

…ハッ!?
何だ何だ急にどうした…!?

P3279533[1]

今までのうっすら感から一転!
色味が…急激に増し始めたぞ…!?

P3279563[1]

小春「なんかよく分かりませんがやりました!候補生卒業です!!」

P3279745[1]

卒業試験合格おめでとう!
まさかこんな難しい試験に楽に受かるとは…今も将来も有望すぎるだろ!!

P3279708[1]

小春「マヤ先輩!サユ先輩!!やりましたよー!!!」

P3279627[1]

あ゛ーもう可愛い可愛い可愛い可愛い可愛い!!!!!

やっべ、小春飛び級しちった!
5分咲きの桜でこの破壊力でしょー?
となると、満開になったらスゲー素敵になる事間違いなっしー!!

というわけで小春の導きによって生まれた私の新☆必殺モード…その名も「ヴィヴィッドフォーカス」!

P3270198[1]

説明します!
ヴィヴィッドフォーカスとは、仄暗い撮影環境を色鮮やかに、あたかも晴れているかのように写す効果を持つ!!
露出補正やファンタジックフォーカスでさえも誤魔化しきれなかった写真写りを一撃改善!!!

nbnbさんのトコのちいかさんもヴィヴィッドォー!

P3279882[1]

可愛いです。
ちなみにヴィヴィッドフォーカスなんて名前の機能はもちろんございません。
なんかカッコよかったのでファンタジックフォーカスと対になるように勝手に名前を付け、ゴッドファーザーになりました。

もっと言うと撮影モードは「Vivid」ではなく「ポップアート」という撮影モードで撮ってます。
でも「ポップアートフォーカス」だとあんま強そうじゃないしカッコよさも全然ヴィヴィッドじゃないので、
この際カメラの液晶に表示された撮影モードは見て見ぬふりをします。

P3270142[1]

仕上げは最上級のヴィヴィッドで記事を色鮮やかに染め上げます!

P3270012[1]

ビビッときたぁー!!!

もはや晴れているとしか思えん…この日は完全に雨のち晴れだわー!
というわけで以上、小春の愛ドル候補生卒業撮影でした~。
3月内ギリギリになってしまいましたが…小春ちゃん、候補生卒業おめでとうございます!
ちなみに候補生を卒業しても今までと変わり映えしないプロデュースを行います…全然ヴィヴィッドじゃねーな。

あとこの日だけでポップアートの利便性だけでなく、RAW撮影やらブラケット撮影やら、知られざる機能を色々マナびました。
このカメラ買ってから、もう10ヶ月くらい経つのになー…この調子でいくと、使いこなすまで半世紀くらいかかるんじゃねーの?(笑)

テーマ : ドール
ジャンル : 趣味・実用

愛しのドールをプロデュース -Nostalgic Story- 第三話「ノスタルジアの野望」

おい大変だ!前回のプロデュースはこんな感じらしいぞ!!
ノスタルジアにステージへ呼び出された愛ドル達!
乗り気なマキ・マミ・アリサに対し、慎重なマヤとマリ!!
その様子を偶然インターネット配信で見ていたサユと小春!!!
そして共に配信を見ていたリセはサユに謎めいたメッセージを伝え、会場へ向かう!!!!
…まぁ噂なんだけどね。




~関係者出入り口~

ちょっと通して下さいよ…いえ、ですから一般のファンではなくて関係者なんですよ…。

警備員「嘘をつくんじゃない!君からなんとなく滲み出てるそのオーラ、どこから見ても一般のファンじゃないか!!」

ファンである以上に本当にプロデューサーなんですよ私…。(なんとなく滲み出てるオーラで判断するとか…スゲー失礼だなコイツ)
ゲストの超可愛い娘達がいましたよね?
あの美少女達、私の担当愛ドルで2年以上プロデュースを…。

警備員「愛ドルプロデューサーがそんなピンク色の女子向けなカメラを愛用するわけないだろ!
      レンズもただの標準ズームレンズじゃないか!!」

使ってるカメラとレンズは関係ねぇーだろぉーー!

リセ「全く…何をやっているんですかプロデューサー…。」

P3189146[1]

…!?
ウリリリリセ!?事務所にいたんじゃなかったの!?

警備員「あっ関係者の方はどうぞお通り下さい。」

リセ「どうも。」

…えー…。
腑に落ちねーけどまぁいいや。何でここにいるの?

リセ「…あの二人と話をするために…。」

あの二人って…ノスタルジアの二人?えっ知り合いなの?

リセ「…私がこちらへ移籍する前の事務所の…同期です。」

P3189149[1]

何だってぇ~!?(裏声)

そう、何気に移籍っ子が多いウチのメンバー。
マキ、マミはお知り合いの方々の元から移籍してきたのだが、リセに関しては移籍元を全く知らない。
確かマキとマミとマリにそそのかされて、流れで引き抜いちゃったんだっけ…それにしても約一年前なのか…。

リセ「迂闊でした…私が歌以外の事に興味を示さなかったばかりに、あの二人のデビューを知らなかっただなんて…。」

P3189154[1]

いやー普通気付かないんじゃない?気にしなくて良いよ。
俺なんてアレだよ?首相が変わった事に一ヶ月くらい気付かなかった事もあるんだぜ。
そしてこの一言を書く前まで、首相が一発変換出来ないことも知らなかったわー。(ド下手フォロー)

リセ「同期ですから何となく分かるんです、あの二人の考えが…。
    プロデューサー、知っていますか?このイベントがユーストリームで配信されていることを。」

マジンガー?
さっきから驚きの連続で持ちネタ全部使い切りそうなんだけど。

リセ「恐らく2人は、このイベントを世界に配信して、自分達の目的を果たそうとしているんですよ…。」

P3189160[1]




~ステージ裏~

マヤ「…イベントの様子を世界中に流して、ドールアイドルのジャンルを独占…?」

P3229163[1]

マユ「そうですわ。わたくし達の完璧なステージの後に行われる、即席の貴女方のステージ。
    あまりの出来の違いに、それを見た方々は貴女方に失望するはずですわ…!」

マイ「その様子をユーストリームで流して、ウチらとの格の違いをハッキリと世界に見せつけてやるんだーっ!」

マイマユ「そして「ドールアイドル」のジャンルを(わたくし達/ウチら)だけの専売特許にする!!」

P3229167[1]

マイ「どうだーっ完璧な作戦だろーっ!アンタ達はこれから、全世界に悲惨なステージを見せる事になるんだぞーっ!」

マユ「わたくし達は活動を始めて約3ヶ月、対して貴女方の活動歴は一番早い方で2年以上…。
    この差を一気に埋めて追い越すためには、この方法しかありませんわ!」

マヤ「そ…そんな…。」

マリ「…なるほど、プロデューサーが貰ったという関係者チケットはお二人が送った私達への挑戦状だったという訳ですね。」

マミ「あのバカ!イベントのチケットを貰ったばっかりにこんなメンドクサイ事にアタシ達を巻き込んで!!」

P3229171[1]

マイ「アンタ達のプロデューサーはアンタ達を誘き出すためのエサだったんだーっ!」

マユ「さて、そろそろ絶望的なステージの始まりですわ。
   今ステージに立っているあの方にはお気の毒ですが、
   仲間も観客の方々もフォローしない即興ステージをたったお一人で披露して頂きますわ。」

マイ「ファンも衣装もなくてアドリブも効かないグダグダなステージを披露するに違いない愛ドルと、完璧なステージを披露したウチら。
   それを見た人の興味は全てウチらに注がれる事、間違いなしだーっ!」

P3229175[1]

リセ「それはどうかしら?」

マユマイ「!?」

P3229180[1]

Bパートへ続くでありやす!

P3098865 1[1]

続きを読む

テーマ : ドール
ジャンル : 趣味・実用

愛しのドールをプロデュース -Nostalgic Story- 第二話「ノスタルジアからのコール」

だから、前回のプロデュースはこうこうこうだって言ってるだろ!!!

結成三ヶ月の二人組ドールユニット「ノスタルジア」
彼女らのイベントに関係者として招待された愛ドル5人とオマケの私
ノスタルジアの驚異的なステージを見て私はワゴンリスペクトな解説をせずにはいられないッ!!
そしてステージで一曲披露し終えた二人の計画は次の段階へと進む!!!
あとアイキャッチのマヤにゃんマジにゃんにゃん!!!!




ファン達「うおぉぉぉー!!」

マヤ「すごい盛り上がりだね~。」

アリサ「それに結構可愛かったねーアリサ程じゃないけどー☆」

P3169051[1]

そんな呑気な感想を言っている場合じゃないのでは…あの娘ら、とんでもないぞ!

マイ「さーて、一曲披露したところでゲストの紹介をするぞーっ!さぁ舞台に上がってこーい、愛しのドール達!!」

マユ「皆様、盛大な拍手でお迎え下さいませ。」

P3179063[1]

マヤマキマミマリアリサ「!?」

ちょっ…おうぃ!どーいうこっちゃ!?何で愛ドル達の事を!?
そして俺たちがここにいる事も、一体いつの間に知ったんだ!?

アリサ「ごめんねー☆アリサが可愛すぎてバレちゃったのかもー♪ほら、自分では抑えてても可愛すぎるオーラが勝手に出ちゃった♪」

マヤ「(そんなわけないと思う…。)」

マミ「そんな事はどーでも良いわ…あの子、アタシ達を正面から呼びつけてきたのよ!さっさとステージに上がってやりましょ!」

P3169057[1]

この様な突然のアクシデントが起こっても、即座に気持ちを切り替えられるマミの頼り甲斐が素敵☆
あーなんかテンション上がってきた!俺も一緒にステージ上へ乗り込んでやるゼーット!!

マキ「いざ出撃~♪」

マリ「本気ですか…?」

マミ「あっアンタはステージに上がらないでね。アタシのプロデューサーがこんな冴えない男って知られたくないから♪」

P3169058[1]

…ただし口が悪い。
ひたすらツン、一切デレない。
つーかそのポーズから伝わってくるノーサンキュー感がパないんだけど…。

マキ「よーしステージに立つからには、ノスタルジアのファンを根こそぎかっさらうよ~♪」

マヤ「マキ!あまり過激なことは控えて…P、ちょっと行ってくるね~。」

マキ「もうファン数ガッポガポやで~ガッポガポ!!」

P3169060[1]

頼んだマヤ…超マトモなこの私がステージへ上がれない今、問題児達をまとめられるのは君しかいないッ!

マヤ「(…一番問題を起こしそうなPがなんか言ってる…。)」

マユ「(今日のイベントのチケットは無事、あのやかましいプロデューサーに届いたようですわね。)」
    (そう…これから始まる、見るに耐えない地獄への招待状が…!)」

P3179070[1]

Bパートへ続くズラ!

P3098855 1[1]

続きを読む

テーマ : ドール
ジャンル : 趣味・実用

I・Doll Vol.37 撮影卓の風景

3月10日 日曜日 晴れ時々曇り時々雨時々神砂嵐(最高気温25℃、この時期にしてはおぞましい気温)
常識を超えた天候の中、I・Doll Vol.37へ遊びに行ってきました~。
参加された皆様、ご一緒して下さった皆様、ありがとうございました!

今回は撮影卓の様子をアップします。
ちなみに撮影卓がある五階に着いた時、あまりのガラガラさに衝撃を受けました…。
いくらなんでもココじゃないだろ…いい加減にしろよ方向音痴!と心の中で自分を罵倒しましたが、この階で合ってました(笑)
なんというか、今思うとこの時点で私のデータがだいぶ乱されていましたね…。

超可愛いマヤちー&紳士マンさんのトコのゆずはさん!!

P3108921[1]

前回の撮影会でお会いした制服ゆずはさんはせいふきゅーと!
そして愛ドルのキャスケット帽+ショートパンツのスタイルはフフフ♪ですね。
亜、ちなみに私の中で最近の流行りはバッグだったりします。
バッグ無しでも、ただでさえキュートなコーデなのに、これ以上可愛くして私は一体何をしたいんでしょうね、全く…。
おデートプロデュースがしたいから、シャレオツな街を私に丸ごと貸しておくれよ!!!

そして以前からお会いしたかったお嬢様とご対面~。

P3108914[1]

以前ウチのあーりんをリスペクトして下さった、ゆとりさんのトコのアリサちゃんです。
前髪をカットされていて、さらにこのアングルでは分かり辛いのでスガ、三つ編みまで!!!
これ程のヘアプロデュース力は超羨ましいです…!

紳士マンさんのトコのありささん、私の(ある意味)ご自慢のアリサも加わってスリーショット!!!

P3108933[1]

スリーポイントあーりんが決まった!!!

正確無比な可愛さが心のバスケットゴールにSWISH!
撮影卓の一角にアリサ教という謎の集団が出来てしまいました(笑)

挨拶ポテチを忘れてしまったありささん、悲しみに暮れるアリサさん、そしてその様子を見て笑うウチのあーりん(笑)

P3108947[1]

あーりん止めて、ホント止めて!
下がっちゃうから、プロデュース管理不届きで私の株が下がっちゃうから!!
常に超ストップ安な私の株は置いておいて、こういった他の方々との寸劇に交ざるのは非常に珍しい経験で楽しかったです~。

それではそろそろラストスパート、抱っこラッシュでこのままゴールまで突っ走ります!
アリサさんのうさぎぬいぐるみ抱っこ!

P3108984[1]

ちいかさんのうさぎぬいぐるみ抱っこ!!

P3108996[1]

こころお嬢様のカエル抱っこ!!!

P3108986[1]

パンクころんさんのギター抱っこ!!!!…?

P3109011[1]

みかづきさんのあーりん抱っこ!!!!!

P3109023[1]

以上、I・Doll Vol.37、撮影卓の風景でございました~。

P3109025[1]

1,2,3,4,5…
これが5TH DIMENSION!!!!!

来月出るももクロの2ndアルバム名みたいな!
全13曲中9曲が新曲とかアツすぎるだろ…!!

改めまして、当日撮影卓でご一緒して下さった皆様、ありがとうございました!
本当はもっと写真を撮らせてもらっていたんですけど…なんか露出補正が間違ってて暗いのばかり…。
おいおい頼むよー…自分が撮影卓イベントへ参加し始めて今回で丸2年(…長くね?)経つんだからさー!
こんなミス、一体何イベントぶりだ…写真を見ただけで当日の自分のテンパり具合が伝わってくるような…(笑)

テーマ : ドール
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

遊びに来てくれてありがと~♪

このプロフィール画像、超可愛い!!

プロデューサー名
"dollm@ster" AkiP

プロデュース方針
・ドールの可愛さを伝える
・お気に入りのドールの魅力を引き出す
・ドールに対する内に秘めた感情を発散する
・ドールによる寸劇・ドラマを繰り広げる

当ブログはリンクフリーです

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2013年03月 | 04月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


最新記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ファン人数
バロメーター
ブログランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: