ライブの裏側全部見せちゃいますスペシャル!~後編~

2014年5月13日、ライブ当日…

~ライブ会場入口 愛ドルライブ会場到着~

マヤ「おはようございます~♪」

マキ「あらヤダ、入り待ちのマスコミ?ちゃんと撮影の許可取りなさいよ、これだからマスコミは困るわ~。」

P7073580.jpg

マヤ「マキ…何かネタを仕込んでいると思ったら…。」

マキ「おどきなさいよ、土足であたくしのセレブ道に踏み込むんじゃないわよ~。あーヤダヤダ、これだからマスコミは~。」

P7073582.jpg

彼女達から緊張感は一切感じられなかった。
むしろいつも以上に妙なテンションになっていた…。

初日のこの日は4時間のライブであった。
この日はマッスル☆松尾氏が撮影開始前に愛ドル全員の髪を整え、
音響確認(スガシカオの黄金の月?だったか何だかを流す)をしてくれた。

over tureが流れ、会場のボルテージも最高潮に達し、遂に愛ドル達の出番が訪れた…!

マヤ「それじゃ~行くよ、みんな~!愛しのドール…」

全員「ファイ、オー!!!!!!!!!!!!!!!」

P6253318.jpg

そして始まったドールライブ…

愛しのドール春の一大事2014 ~ゼファースタジオ まさかの2DAYSライブ~ 第一楽章

等身大の思い

「あなたへの想いは等身大!」

P5142333.jpg

マヤ「じゃーノスタルジアのみんな、お願いね~♪」

マイ「任せておけってー!」

P5142383.jpg

舞台裏ではリセがマリルと入れ替わる為、休む間も無く準備を始めた。

マキ「さぁーリセッシュ!次に備えないとね~♪」

リセ「そうね。今のうちに衣装を脱いでおいて、スムーズに着れるように…カメラを止めて出てって下さい!」

P7043504.jpg

AkiP「なぁーにをバカな事を!プロデューサーだぞぉ、ぼかぁ…」

マリ「私達もゆる襟ニットに着替えないといけませんし…」

マミ「いいからさっさと出てって!」

P6243277.jpg

愛しのドール春の一大事2014 ~ゼファースタジオ まさかの2DAYSライブ~ 第二楽章

「ずっと奏でるノスタルジー♪」

P5132059.jpg

P5132063.jpg

\な、何だ…?/\急にライトが消えたぞ…。/\次は誰のステージだ!?/

リセ「お疲れ様、マリル!」

マリル「もう着替える準備は完璧みたいね。今衣装を脱いで渡すから少し待ってて。」

P7053506.jpg

「私達!!!」 「ライブ限定ユニット・ノスタルジックノスタルジア!!!」

P5142537.jpg

ライブ限定ユニットに湧くオーディエンス達。
そしてゆる襟ニット着こなし隊の出番が近づいていた…

マヤ「着替え手伝うよ、マミちゃん!」

マミ「助かるわ!この衣装、脱ぎ辛くて仕方ないのよ!!」

P7053508.jpg

小春「マキ先輩!肩が出てませんよ!!」

マキ「おぉ~ナイス指摘、小春っち!」

P7053510.jpg

サユ「これで準備オッケーだよ、行ってらっしゃい!」

マリ「ありがとうございます♪ではリーダーさん、リセさんがいませんが一言お願いします♪」

P7053511.jpg

マミ「よーしじゃあ…」

マキ「今日もゆる~く行きまっしょい!いやっほーい♪」

マミ「リーダーはアタシだっつってんでしょ!!」

P7083605.jpg

一方、別のステージ裏では、高いステージから登場するアリサのスタンバイをマッスル☆松尾氏が整えていた。

マッスオ「何か一人だけ衣装が豪華じゃねぇか?www」

アリサ「だってあーりんなんだもーん♪」

P6253314.jpg

愛しのドール春の一大事2014 ~ゼファースタジオ まさかの2DAYSライブ~ 第三楽章

アリサ「みんなー!さっきぶりー♪みんなの愛ドル、あーりんだよー♪」

マミ「そこから落ちれば良いのに!!」

アリサ「オッケー♪じゃー今から飛ぶねー♪」

マリ「本気ですかアリサさん!?」

アリサ「とぉー♪」

P5132195.jpg

最もアシスタントが必要なシーンだった。
マッスオ氏の見えざる手がアリサを支え、この空を飛ぶ演出を可能にした。
ちなみにこのアイデアを提供して下さったのは紳士マン氏である。

アリサ達がステージでMCをしている最中、裏ではリセがゆる襟ニットの衣装に着替え、アリサのバースデーケーキを用意していた。

リセ「ま、間に合った…。」

マイ「マジで大変そうだな、リセ…。」

マユ「タイミング的にケーキを運ぶのがリセだけとはいえ、お気の毒ですわ…。
   かといってわたくしは絶対運びたくありませんけど。」

リセ「…相変わらず正直ね…。」

マリル「頑張って。「君のためのゆる襟ニット」を歌い終わったら、休憩時間があるから。」

P7053514.jpg

マミ「Happy birthday to you♪」

マキマリ「Happy birthday to you♪」

\Happy birthday, dear あーりーん♪/

リセ「Happy birthday to you♪」

P5132304.jpg

「ゆる襟ニットー♪」

\ハイハイッ/

「着こなしたーいー♪」

P5132323.jpg

記事中ではここで一区切りし休憩となっているが、実際はここまでが初日4時間の撮れ高だった。
ただし最初の8人でのライブやノスタルジックリセは別の日撮りである。

初日終了後

~若乃花プロデュース 個室居酒屋 赤鶏御殿にて打ち上げ~

マッスオ「お疲れ様でした先生w」

AkiP「明日はどういう手順でライブを進めるかが課題だな…。」

s_006l[1]

初日の夜、愛ドル達は浅草橋のロッカーホテル(一泊200円)で宿泊。
プロデューサーは自宅へ戻り、夜遅くまで翌日のライブプランを練っていた…。

5月14日、ライブ2日目…

この日のトップバッターは人気アイドル「ももいろクローバーZ」をイメージした衣装を着た
マヤ、マキ、アリサ、小春、サユの五人。
ステージに上がる前には本家通りに出欠をとる一幕も見られた。

マヤ「出欠とります!」

アリサ「Are you ready?」

全員「番号!」

P6233271.jpg

マキ「1!」

マヤ「2!」

小春「3!」

アリサ「4!」

サユ「5!」

全員「う~イェーイ!!!!!」

P6243274.jpg

サユ「初日、マヤちゃんと小春ちゃんと私は最初以外出番が無かったので…
   その分余計に緊張がありましたね…。」

P7083624.jpg

小春「あの時は緊張しましたよー!
   緑の役って事は、歌やダンスは誰よりも良いパフォーマンスをしなくちゃいけなかったので!
   そしてプロデューサー、よく衣装を揃えられましたね!」

P7083622.jpg

愛しのドール春の一大事2014 ~ゼファースタジオ まさかの2DAYSライブ~ 第四楽章

「我らはー愛ドルー♪1/6ヒロイン ももクロ!!!!!」

P5182680.jpg

Z伝説を披露した後、マキとアリサは観客席へ乱入。
実はこのシーン、観客席へ乱入するのはあーりんだけのはずだったとか…。

P5182698.jpg

アリサ「アリサは次の曲に備えるために、観客席を通って捌けなきゃいけなかったんだよー。
    でもマキちゃんはステージに残って新人ちゃんの紹介をするはずだったのに、アリサと一緒に観客席に来ちゃったからビックリ☆」

P7083620.jpg

マキ「あの時はなんだかテンション上がっちゃって~♪
   あーりんが楽しそうに観客席に向かっていた時、「これはあたしも行くべき!」って思っちゃったんだよね~。
   で、体が勝手に♪」

P7083628.jpg

マキの突然のブッこみサプライズ!
それにも関わらず、残ったメンバーのマヤ、サユ、小春は通常通りにMCの進行をこなしていた。
そして2014年度新人愛ドル3人組が初めてファンの前に姿を見せる時が…

マコ「いよいよボク達の出番だね!よーしマヒロ、ちぃち…円陣を組もう!!」

ちぃち「…ヤダ。面倒臭いし暑苦しい。」

マヒロ「マ⊃っτホ冫├体育会系た〃ょね→本番前に燃ぇ尽きるωU〃ゃなぃσ→

P6243275.jpg

マコ「そんな事言わずに組もうよ2人とも!!ボク達にとっては記念すべきデビューイベントなんだよ!?」

マミ「ホラ、呼ばれたわよアンタ達!」

マリル「円陣は次の機会でやればいい。今はステージに集中して。」

P6243276.jpg

マヤサユ小春「以上、新人のみんなのご紹介でした~♪」

マヒロマコちぃち「よろしくお願いします!!!」

P5142514.jpg

ステージ裏で繰り広げられた新人達のチグハグなやりとり。
それぞれの個性を出して無事に紹介を終え、アライズとゲストである高坂穂乃果の出番が迫っていた。

穂乃果「今日はよろしく!リセちゃん、アリサちゃん!!練習に来れなくてゴメンね。」

リセ「問題ないわ。それよりも大丈夫?急いで来たようだけど…。間に合わないのかと思ってヒヤヒヤしたわ。」

アリサ「もしかして外、吹雪なのー?音ノ木坂学院のみんなに雪かきしてもらって、やっとここまで来たとかー?」

P6243279.jpg

穂乃果「そんな訳ないじゃん、今5月だよー!?普通に寝坊だよ!!」

リセ「堂々と言う事じゃない気が…まぁ私達が歌い終わる前までに呼吸を整えておいて。」

アリサ「後でステージの上で会おうねー♪」

穂乃果「うん!頑張ってね!!」

P6243281.jpg

愛しのドール春の一大事2014 ~ゼファースタジオ まさかの2DAYSライブ~ 第五楽章

Dancing Dancing
Let me do

P5182584.jpg

アリサ「そしてみんなに特別ゲストを紹介しちゃうよー♪」

リセ「私達がいるこのタイミングでのゲスト紹介…察しのいい皆さんなら分かりますね?コチラの方です!」

P5142492.jpg

穂乃果「よーしいよいよ出番だ…μ'sミュージックスタート!…一人だけど…。」

P6243283.jpg

穂乃果「出番前、今までにない緊張感がありました…。いつもだったらμ'sのみんなと一緒にステージへ向かうんですけど、
    一人で行くのは初めての体験だったので…。
    でもその緊張はすぐに解けました。ステージから聞こえてくるアライズへの温かい声援を聞いていたら、全然平気でした!
    それに…リセちゃんとアリサちゃんが待ってくれているから!」

P7083619.jpg

穂乃果「皆さんこんばんは!高坂穂乃果です!!」

\穂乃果ちゃーん!/\やっぱり!/\ハラショー!/

Hey,hey,hey,START:DASH!!

P5182614.jpg

そしてライブはいよいよフィナーレへ…

マヤ「それじゃ始めよっか~、全員でのクライマックスライブ♪」

P6243284.jpg

愛しのドール春の一大事2014 ~ゼファースタジオ まさかの2DAYSライブ~ 最終楽章

総勢15人での同時撮影は壮観だった…!
事務所兼自宅では全員を同時に登場させるスペース等なく、もう2度と見る事のない光景と思うと自然と気合が入った。
しかしこれだけの多人数だったので、ポーズを一回変えるだけで時間を激しく消耗した…。

全員「ありがとうございましたー!バイバーイ!!」

P5142485.jpg

こうして愛しのドール春の一大事2014 ~ゼファースタジオ まさかの2DAYSライブ~は拍手喝采で終了した。

~ライブ後のステージ裏~

AkiP「最高のライブだった!費用も時間も労力もかなり費やしてやられたけど、最高だった!!
   ヘヘッ…ちょっと泣けてきたぜ…おっ、ライブの主役達が戻ってきたぞ…きっとみんなも感動して…」





マヤ「うわ~ん!プロデューサー!!」

P6253286.jpg

AkiP「お疲れマヤ…っておいおい、どうした!?泣きながら抱きついてきて…」

マキ「プロデューサー、終わったよ~!無事に終わったよぉ~!!」

マユ「緊張の糸が…ほ、解けましたわ…。」

P6253287.jpg

AkiP「マキとマユまで!?」

サユ「ぐすっ…ひっく…。」

マミ「な、泣くんじゃないわよ!アンタ達が泣いてるのを見たらアタシまで…。」

P6253290.jpg

リセ「ライブが始まる前まで…ぐすっ…ほ、本当にどうしようかずっと考えてて…。
   出番が多いから、どこかで失敗するんじゃないかって…。」

アリサ「ア、アリサも…不安だったの…。サプライズでケーキまでもらっちゃって…えーん…。」

P6253291.jpg

AkiP「本当にもう…頑張った!みんなよく頑張った!!最高のライブだった!!!(号泣)」





…みたいな、初期のももクロのライブ後みたいな熱血展開に…

マヤ「あ~疲れた~…。みんな、お疲れ様~♪」

小春「お疲れ様ですマヤ先輩!いやー楽しかったですね!!」

P6253293.jpg

…なる気配、一切ねぇなー…。

マリ「早く帰ってシャワーでも浴びたいですね♪」

マイ「そういや初日からシャワーも浴びてなかったな…いくらなんでも一泊200円のロッカーホテルは無いよなーッ!
   あんなせっまい所で一晩過ごさせて冗談じゃないっつーの!!」

P6253297.jpg

…ごめんなさい、2日連続で持ち帰りの移動が大変だったからロッカーホテルを…。

マヒロ「これからヵラォヶ行<人ぃる→ぁたUちょっと寄っτ<ヶ├〃→

ちぃち「(ライブ直後じゃ誰も行くはずない…。)」

穂乃果「私すっごく行きたいんだけど、これからμ'sのみんなと練習なんだよー!」

マキ「うっそマジ~!?スクールアイドルってハードスケジュールだね~。」

P6253298.jpg

あっ…じゃっ、じゃあ俺行こうかn…

マヒロ「誰もぃなぃωた〃→…残念

……。
あっリセ!出番多くて大変だったねー、お疲れ様!!

リセ「プロデューサー、たくさん歌を歌う機会を下さってありがとうございました。でも段取りが悪すぎましたね。
   段取りが良ければ私以外のみんなも、もっと歌えた気がしてならないのですが?」

P6253302.jpg

グサッ! 

マリル「…私、全員で歌う所以外ノスタルジッキュートしか歌ってない…。しかも途中でリセと交代…。」

マユ「わたくしもマリルと大差ありませんわ…。桜雪も少なかったですわよね?」

サユ「えっ!?う、うん、言われてみれば、ユニット曲はももクロちゃんのZ伝説だけだったかも…。
   しかも全然イメージカラーと関係ない紫色…。」

P6253304.jpg

(…言えない…。紫のイメージは黒髪ロングストレートのリセだったんだけど、
出番が多すぎるからとりあえずサユに変えたなんて絶対言えない…。)

マミ「アリサ、ケーキはもう食べたの?」

アリサ「ううん、まだー。ライブの合間じゃ食べる暇なかったんだよー。これから一緒に食べようよー♪マコちゃんも♪」

マコ「えっ本当!?やったー!ボクもうお腹がペコちゃんで仕方なかったんだよー!」

P6253305.jpg

ぼ、僕も頂こうかn…

アリサ「プロデューサーはダメだよー。1/6サイズのケーキなんだから、一口で全部食べられちゃうじゃーん。」

マミ「てゆーかアンタもう帰った方がいいんじゃないの?2日連続でスタジオに引き籠って疲れてんでしょ?」

マコ「プロデューサー、お疲れーっす!みんなー!!プロデューサー帰るってさー!!!…あっ、もうみんな帰ったみたいだね。」

P6253308.jpg

……。

???「あっプロデューサー♪」

俺を見捨てずに声をかけてくれる優しく甘いこの声は…マヤ!!!
やっぱ何だかんだでマヤっちが一番気を遣ってくれるというか、思いやりがあるというか…

マヤ「ライブも終わったし、約束通り好きな食べ物をご馳走してね♪」

P6253312.jpg

…それを言うためだけに戻ってきた訳じゃないですよね?

マヤ「ううん、これを言うためだけに戻ってきたよ~。それじゃーお疲れ様~♪」




以上、ライブの裏側全部見せますスペシャル!をお送りしました。
ライブ後のシーンは見せない方が良かったわ…。

最後に総括。

この日は7時間というスタジオ使用可能時間をフルで使用したのに、時間が足りませんでした…。
結局撮れ高が微妙に足りなかったので、追加公演という形で3日目(7時間)撮影しました。
3日間の合計は18時間です…えぇ、帰宅するのも面倒でスタジオにそのまま永住したい気分になりましたとも。
追加公演を行っても、まだ足りませんでしたからね…
いや、足りないというより15人もいると、撮っても撮ってもその場でどんどんやりたい事が無限に増えていく感じですね…(笑)
追加公演分の撮れ高はアライズ、アライズ+穂乃果、ノスタルジックノスタルジア等々です。

今までで一番大変な記事だったかもしれません…。
なんか長編を書き終えた後に毎回言ってる気がするな…でも間違いなく最酷記録更新だわ…。

次回からは楽な更新をしばらくやりたいなと…
これも長編が終わった後に毎回言ってるな…(笑)

にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : ドール
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

Secre

プロフィール

遊びに来てくれてありがと~♪

このプロフィール画像、超可愛い!!

プロデューサー名
"dollm@ster" AkiP

プロデュース方針
・ドールの可愛さを伝える
・お気に入りのドールの魅力を引き出す
・ドールに対する内に秘めた感情を発散する
・ドールによる寸劇・ドラマを繰り広げる

当ブログはリンクフリーです

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


最新記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ファン人数
バロメーター
ブログランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: