愛しのドール・ファンミーティングバスケット試合 ~試合1ヶ月前~

前回のあらすじ~

桜雪の美しいフォームを見てパワーが漲ったマユは新技・「桜雪追跡捕縛球-ストーキングサユキャッチ-」を生み出す。
マユの身体を張ったプレーに触発されるように小春・マミ・サアラは次々に点を決め、紳士マンチームに迫っていた。
しかし、ディフェンスに一層力を入れた紳士マンチームはリバウンドやスティールを駆使し点差を縮めさせない。
一進一退の均衡を崩し、相手に真紅の衝撃を与えるため…今、マミが必殺のシュートを放つ!
そう…1ヶ月前、その手でレギュラーを勝ち取った必殺シュートを…

P4269903-2.jpg

~試合1ヶ月前~

AkiP「よし、全員揃ったな!
   今からバスケットドールの試合に出場する5人目のメンバーを決める1on1をやりまーす。」

マリル「別事務所の私達も参加するの…?」

マイ「マユがいねーけど、別の仕事だっけか?」

マキ「マヤもさゆきちも小春っちもいないね~。」

P5080391.jpg

AkiP「チーム5人のうち、その4人は既に選抜済みだ。
    チームのまとめ役、マヤ!
    バスケ経験者の小春!
    一番背の高いサユ!
    そしてサユと相乗効果が期待できるマユ!
    残りの一人を1on1のトーナメントで決める…これが三日三晩寝ずに考えたトーナメント表だぁーッ!!」

トーナメント表[1]

マコTV発表の前に言ってた、5人目を選抜する良いアイデアってこの事だったんですね!
   さーて、ボクの名前はどこに…あれ、こっこれは!!」

P5080379.jpg

第一試合
マリVSマコ

マコ「よーし、所属以来待ち望んでたマリと勝負するチャンスが遂に巡ってきたぞー!※過去記事参照
   ボク、絶対負けないから!!」

マリ「お手柔らかにお願いします♪」

P5080381.jpg

マコ「てりゃー!」

マリ「マコさん…そちらはあなたが守るゴールなんですけど…。」

マコ「しっしまったー!!!」

P5080383.jpg

マコ、オウンゴールにより敗北!

第二試合
アリサVSマイ

マイ「アリサー!ステージの時の恨み、ここで晴らすぞー!!※過去記事参照

アリサ「アリサ、怪我したくないからスポーツって嫌ーい。」

P5090403.jpg

マイ「ハッ!怪我する間もなく終わらせてやるぞーッ!!
   どーだ、ウチの躍動感あふれるアクロバティックバスケは!!!」

P5090404.jpg

マイ「ってシュークリーム頬張ってねーで見ろよおいーっ!!!」

アリサ「あっごめーん☆」

P5090408.jpg

アリサ、マイのアクロバティックバスケに敗北!

第三試合
ちぃちVSマヒロ

マヒロ「ねーちぃちー。あたし面倒くさいし勝つ気無いんだから、早く入れちゃってよー

P5090399.jpg

ちぃち「くそっ!あぁくそっ!!いくら投げてもボールがゴールに全然届かない!!!」

P5090402.jpg

ちぃち、終了時間までシュートが入らず敗北
マヒロ、終了時間までスマホをいじり敗北

第四試合
マリルVSリセ

リセ「確かに今まで色々な仕事をやらされてきたけれど、流石にバスケはちょっと…。」

マリル「リセ…正直あなたとバスケをする時間があったら、一緒にカラオケに行った方が有意義な時間を過ごせる。
     歌姫の実力を間近で見たい。」

リセ「カラオケ…良いわね。私もマリルの歌唱力から色々と学べそうだわ!」

P5080386.jpg

マリル「という訳で私達はトーナメントから下りる。レギュラーに興味ない。」

P5080388.jpg

マリル、リセ、両者ともにカラオケに行くため敗北!

マリ「あら、楽しそうですね♪私もご一緒して良いですか?」

リセ「もちろんよ、私達真面目組は有意義な時間を過ごす方が向いてるわ。」

P5080385.jpg

マリ、カラオケに同行するため敗北!

準決勝
マキVSマイ

マイ「おっしゃー!マキ、お前に勝てば決勝に進めるぞー!!」

マキ「おっ!気合入ってるね~マイッチング!
   はい、ボール!先攻はど~ぞ~♪」

P5080392.jpg

マイ「ガンガン攻めてやる…うぉわっ!?ボールが不気味なマスコットに変化した!?」

マキ「ふはは~!おバカさんめ~♪それはバスケットボールじゃなくてルナPボールだよ~ん♪」

P5080396.jpg

マキ、道具をすり替えた事による反則で敗北!

マキ「えっダメなの~!?」

マイ「バカはお前だぞ…。」

P5080398.jpg

決勝戦
マイVSマミ

マイ「よっしゃー!登場以来かませポジションばっかだったけど、それも今日で返上だーっ!!」

マミ「あーらもう勝った気でいる訳?残念だけど今回もアンタはやられ役よ、相手が悪かったわね♪」

P5090409.jpg

マイ「全部不戦勝でここまで来たくせに生意気だぞー!ウチのアクロバティックバスケプレイを味わえーっ!!」

マミ「ふん!無駄な動きが多いわよ、サーカス団員じゃあるまいし!!」

マイ「んなっ!?ボールをアッサリ取られたぞーっ!?」

P5090422.jpg

マミ「(悪いわねマイ…アタシは絶対にレギュラーの座を勝ち取るわ…。
   だってTV中継で自分をアピールできる機会なんてそうそうないもの♪)
   覚悟しなさい!これがこの日の為に編み出したアタシの必殺シュートよ!!」

マイ「なっ何ィーッ!?」

P5090425.jpg











マユ「あら、マイ!レギュラー争奪トーナメントは終わりましたの?
    もちろん運動神経抜群の貴女が優勝したんですわよね?…マイ?」

マイ「…あの時…ウチは確かにマミがシュートしたボールを掴んだ…掴んだはずなのに…。」

P1010428.jpg

マユ「ん?何か焦げ臭いような…なっ!?ゴールネットから煙が!?」

P1010430-1.jpg

マユ「マイ!ここで一体何が…あっ貴女、その手は一体どうなさったの!?」

マイ「…マユ、今度の試合だけど…ここぞという時はマミにボールを回すんだ。
   アイツの必殺シュートは…」

P5090427.jpg




~現在~

マミ燃やし尽くしてやるわ!スカーレットバーンシュート!!

P4269907.jpg

みなみ「打点が低い…いただきっ!」

ギャルルルルル!

みなみ「キャッ!?」

P4119476.jpg

ギャルルルルルルッ!!

P4269854.jpg

マイ「アイツの必殺シュートは…絶対に誰も止められないからな…!」

P1010435-1.jpg

りせ「火事よ!ゴールネットから出火したわ!!」

ひめの「ボールがネットを通った瞬間、燃え上がったぞ…どーなってんだおい…!」

P4119448-1_20150428004703f60.jpg

みなみ「くっ…手の平が熱い…!」

ありさ「どうしたのみなみちゃん…えっ!?手から煙が出てるよ!?」

P4119477-1.jpg

みなみ「あの赤リボン愛ドルさんのシュート…ボールに物凄い回転がかかってて止められませんでした…。」

P4119479-2.jpg

小春「マミ先輩!?今のシュートは一体なんですか!?」

マミ「ふふん♪アタシがレギュラーを獲得するために編み出した努力の燃焼シュート…
   スカーレットバーンシュートよ!

マユ「スカーレットバーンシュート…
   触った者の手を弾き飛ばし、ゴールネットさえ燃やし尽くす摩擦力をもった超回転のシュート…。
   マイから少し話は聞いておりましたが、にわかには信じられませんわ!」

マミ「さぁー最後の追い込み!じゃんじゃんいくわよ!!」

愛ドル一同「オッケー!!!!」

P4269785[1]

試合は一時中断され、新たなゴールネットが用意された。
突然のインターバルではあったが、マミの燃え上がる闘争心は時間が空いても決して弱まらなかった。

マミ「アタシのシュートに触れたらヤケドするわよ♪スカーレットバーンシュート!」

P4269919.jpg

マミ「もう一発お見舞いしてやるわ!スカーレットバーンシュート!!」

P4269833.jpg

ひめの「くそっ!止まらねーぞあいつ!!1ゴール差まで追いつかれちまった!!!」

ありさ「でもあれだけの回転をかけたシュートだし、きっとマミさんの身体への負担も大きいはず…。
    その証拠にネットが炎上したのは最初の一回だけで、その後のシュートは回転の勢いが明らかに落ちてるよ。
    もうそろそろ打てなくなるんじゃないかな…。」

マミ「アンタの言う通りスカーレットバーンシュートはもう打てない。手首の限界よ…サポーターを付けているとはいえね。
   試合終了まで残り20秒…後の事は他のメンバーに任せるわ。」

P4119484.jpg

スコアは愛バスチーム78点、紳士マンチームは79点。

愛ドルを応援するファンのために試合を始めてから実に40分近くが経過していた。

全ては紳士マンチームを倒し企画開始から2ヶ月に及ぶ因縁に決着をつけるため!

マミは思った!チームを勝利に導くため必ず目的を果たすとッ!!

P4290018.jpg

桜雪は思った!ファンのため、そして自らの心の弱さを克服するため必ず紳士マンチームを打倒するとッ!!

P4290012-01.jpg

小春は思った!このバスケには栄えてはならぬ必ず滅ぼさねばならぬファールがあるとッ!!

P4290009-01.jpg

マユは思った!弱気なサユを狙い正義に悖る行いをした紳士マンチームに必ず報いを受けさせるとッ!!

P4290014-01.jpg

マヤは思った!自分が理不尽な目に遭うのは全てAkiPというプロデューサーが原因だ!
ならば酷い目に遭わされた借りは必ず返すとッ!!

P4290003-01.jpg

サアラは特に何も思わなかった!

P4290024-01.jpg

そして!

AkiP「何か最後の方、俺への敵対意識とか雑な感じだったけどまぁいい…。
    我々の試合は遂に終点を迎えたわけだ…覚悟はいいなッ!」

一同「おぉーーーーー!!!!!」

P4259614_20150427233344760.jpg

現在の得点
愛バスチーム 78点
紳士マンチーム 79点

最終回に続く!

にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : ドール
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

Secre

No title

これはもう神回だなwwww
色々と酷いのになんか格好良いwwww

No title

これが噂の過去編・・・!!
レギュラーの座をかけて、これほどの熱い戦いがあったなんて・・・
マミさんの必殺シュートの迫力と、ゴールが燃えるという少年誌のノリは大好物なので、ニヤニヤしながら楽しませていただきました~!

そしてクライマックスに突如マヤさんが覚醒し、時を止めるなどの必殺技をひっさげて大活躍すると期待しておりますw

Re: No title

>マッスル☆松尾さん

> これはもう神回だなwwww
> 色々と酷いのになんか格好良いwwww

神回の基準が分からねぇ…(笑)
ぶっ飛んだ超理論なのに、なんか格好良いというのは少年漫画にありがちですよね(笑)

Re: No title

>紳士マンさん

> これが噂の過去編・・・!!
> レギュラーの座をかけて、これほどの熱い戦いがあったなんて・・・
> マミさんの必殺シュートの迫力と、ゴールが燃えるという少年誌のノリは大好物なので、ニヤニヤしながら楽しませていただきました~!

どうしても謎の必殺技を使用→回想という流れを描きたかったのです!
全員登場させる方法がトーナメントを行う事でした…大半の試合が戦いにもならずに消化されましたが(笑)
とっておきの必殺技でしたので見た目の派手さが欲しいと思い、考えたのがこんなチートシュートでした…
せっかく頂いたバスケゴールを燃やしてしまってごめんなさい(笑)

> そしてクライマックスに突如マヤさんが覚醒し、時を止めるなどの必殺技をひっさげて大活躍すると期待しておりますw

残念ながら、マヤの活躍はもう…第2試合に期待!(笑)
毎度こんな酷いバスケ記事にコメントを下さってありがとうございました、
次回でようやく終わりを迎えますので、最後までお付き合い頂けると嬉しく思います!
プロフィール

遊びに来てくれてありがと~♪

このプロフィール画像、超可愛い!!

プロデューサー名
"dollm@ster" AkiP

プロデュース方針
・ドールの可愛さを伝える
・お気に入りのドールの魅力を引き出す
・ドールに対する内に秘めた感情を発散する
・ドールによる寸劇・ドラマを繰り広げる

当ブログはリンクフリーです

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


最新記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ファン人数
バロメーター
ブログランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: