ハロウィン特別ストーリー「リベンジ・オブ・ノスタルジア」~本編~

2015年の10月31日、ハロウィンの日。
プロデューサーは松尾家へラジオ集会に、愛ドル達は事務所へババ抜きをしに行きました。
んな事してねーでどっちもプロデュースとレッスンしろよ。

~事務所~

アリサ「やったー揃ったー♪上がりー♪あーりんあがーりん♪」

マキ「あちゃ~…これで残るはあたしとちっちの二人!」

ちぃち「ふん、私がババを引かずに先に上がってやる!」

PB293356.jpg

ピンポーン♪

マキ「えぇー…人がババ抜きで盛り上がってるところに水を差す訪問者は誰~?テンション下がるわ~。」

サユ「私が出るよ。」

PB293357.jpg

マミ「サユじゃなくてちぃちが行きなさいよ、アンタ一番下の後輩なんだから。」

ちぃち「はぁ?まだババ抜きの途中なのに何で私が…」

アリサ「まーまー♪先輩の言う事は絶対なんだよー♪」

PB293361.jpg

マキ「(マキラッキー♪ちっちがいない間にババをちっちのところに入れちゃおーっと♪)」

ちぃち「ったく、下らないセールスやN○Kの受信料の催促だったら、この矛先を足にブッ刺して追い払ってやる!」

サユ「ぜ、絶対ダメ!その物騒なものは置いて行って!!」

マキ「(…や、やっぱり止めておこう…。)」

PB293363.jpg

ちぃち「はいはい、どちらさまで・・・」

マイ「ハッピーハロウィーン!
   さぁーウチらにお菓子をよこせっつーか去年の分ごと倍にして返せーっ!!」

PB293366.jpg

ちぃち「ぎゃあー!」

マイ「(おぉっ、好リアクション!)」

PB293364.jpg

ちぃち「えーっと、さっき布団の中に置いて…あ、あった。」

PB293369.jpg

ちぃち「ぎゃああーー!!」

グサッ!!!

マイ「ぎゃああああーっ!!!!」

PB293372.jpg

サユ「ちぃちちゃん!?外に全力で走って出てっちゃった!?あとどうして一瞬冷静になったの!?」

アリサ「てゆーかあの矛、いつも布団の中に入れてたんだねー。」

マミ「アンタ達一体何なの!?ハロウィン仮装のドサクサに紛れた強盗!?・・・すでに一人倒れちゃってるけど・・・・。」

マリル「(押し入り早々退場・・・マイらしいと言えばそれまでだけど、流石に予想外。)」

PB293373.jpg

マユ「フフフ・・・仲間が一人減ったところで何も問題ありませんわ。
   わたくしはそこにいる彼女から手渡しでお菓子さえ貰えれば満足ですから!」

サユ「えぇっ!?わ、私ですか!?
  (どうして一番危なそうな人がよりによって私に…。)」

PB293375.jpg

マユ「さぁわたくしにトリックオアトリートをなさって!貴女の手で直接!!手作りのお菓子だったら尚良しですわ!!!」

サユ「あ、あのー・・・本当にお菓子を渡したら帰ってくれますか?ちょっと不気味すぎるので早く帰って欲しいです・・・。」

PB293377.jpg

マユ「…ちょっと落ち込ませて下さいませ…。」

PB293399.jpg

アリサ「仮面さん、なんか落ち込んじゃったけどー。」

マミ「アンタ達何しにきたわけ・・・?
   てかババ抜きやってるテーブルの上で体育座りしないでくれる?邪魔くさいから。」

マリル「(マイに続いてマユまで・・・。こうなったら私一人で復讐を果たす!)」

PB293401.jpg

マリル「マキを出して。私達は彼女に用がある。」

マミ「マキですって!?あの馬鹿、またしょうもない悪戯でもして怒りを買ったのね・・・。」

アリサ「だからって大事な仲間を差し出せないよー、だってあーりんとマキちゃんは大の仲良しなんだもーん♪」

マミ「強盗にまで仲良し営業アピールしないでくれる?なりふり構わないわねアンタ・・・。」

PB293381.jpg

マリル「もし差し出さないのなら、この冷蔵庫の中にあるシュークリームを奪い去る。
    いかにも大事そうにしまってある誰かさんのシュークリームを。」

PB293395.jpg

アリサ「マキちゃーん!強盗さんが呼んでるよー、早くおいでー!!今すぐおいでー!!!」

マミ「自分のシュークリームの為に大の仲良しを売りとばす気!?本当になりふり構わないわね!!」

PB293385.jpg

マキ「(あ~やっぱりあたしのせいだったか~・・・。
   色々身に覚えがありすぎて思わず布団の中に隠れちゃったけど、あの仮装3人組の正体は分かんないな~・・・。
   とりあえず知らんぷりしてこのまま寝ちゃおっと、朝までにはみんなが解決してくれるよね、おやすみなさ~い♪)」

PB293386.jpg

マミ「どうやらマキはドサクサに紛れて逃げたみたいね・・・あのシュークリームは諦めて渡しなさい、アリサ。
   いつまでもこんな変な連中にいられても迷惑でしかないから。」

アリサ「えーやだよー、あーりんあれすっごく楽しみにして取っておいたんだよー?」

マヤ「みんな、お疲れ様~・・・ってどうしちゃったのこの状況!?」

PB293398.jpg

マミアリサ「あっちょうどよかった♪」

マヤ「何その今まで見たことの無いような熱いまなざしは・・・?」

マミ「ねぇ、差し出すのはマキじゃなくてこの子じゃ駄目かしら?」

アリサ「マヤちゃんはマキちゃんの双子のおねーさんなんだよー♪同じようなものだよねー?」

マヤ「いきなり何!?何の話!?」

PB293390.jpg

マリル「うん、代用オッケー。」

マヤ「軽い返事をする変質者がどうして事務所の中に!?てゆーかマリルちゃん!?マリルちゃんだよね!?」

PB293393.jpg




ドタバタ喜劇・ウレロシリーズを視聴した後はどうしても影響された寸劇を書いてしまいます。
寸劇内でいつもとキャラが違くない?って子がいるかもしれません。
そういった違和感を抱いたら「愛ドルがコントを演じているんだ」と思い込んで下さい。
コントの仕事を頑張っているんだなぁときっと錯覚する事ができます。

にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : ドール
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

Secre

プロフィール

遊びに来てくれてありがと~♪

このプロフィール画像、超可愛い!!

プロデューサー名
"dollm@ster" AkiP

プロデュース方針
・ドールの可愛さを伝える
・お気に入りのドールの魅力を引き出す
・ドールに対する内に秘めた感情を発散する
・ドールによる寸劇・ドラマを繰り広げる

当ブログはリンクフリーです

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最新記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ファン人数
バロメーター
ブログランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: