愛しのドールのバスケットボール -2nd Game- ~第4クォーター~

第3クォーターの試合内容

遂にちぃちとマリまでも必殺技を発動させ、紳士マンチームに離された点差を徐々に詰めていった。
マークが緩くなった隙にスーパープレイを連発するマスクド4番。
しかし、その仮面プレイヤーの正体がマヤだとばれてしまい、
プレッシャーから解放された紳士マンチームは再び本来の力を発揮し始める。
残り時間はあと僅か、愛バスチーム3点のビハインド…諦めモードのメンバーの下に、あの二人が駆け付けた…

マリ「2階の観客席から聞こえたこの声は…」

P4073621.jpg

ちぃち「何だ、予想通りマミとマユじゃないか。」

マミ「リアクション薄っ!」

マユ「せっかく前回もったいぶって持ちこしてからの登場だというのに!!」

P4073607.jpg

マリル「この展開は読めてた。
   仲間やライバルが観客席から叱咤激励する展開、熱血好きにはお決まりのパターンだから。」

アリサ「やっほーマミちゃん、マユちゃん♪
   あーりんの大活躍をわざわざ見に来てくれたの!?キャー嬉しー♪
   2人だったら観客席じゃなくて特別にベンチで間近であーりんの超可愛いバスケットプレーを見せてあげたのにー♪
   あっもしかして近くで見てるとボールが飛んできて怖いからこっちに来なかったのかなー♪ねーねー聞こえてるー?」

マミマユ「(うっっっざ!!)」

P4073608-1.jpg

マミ「とにかく残り時間はほとんどないでしょ?アンタ達の持つ必殺技を全部ぶつければ勝機はあるわ!!」

マヤ「全部をぶつける…?」

マユ「そうですわ…お互いの絆を信じて、出し惜しみなく技をお使いなさい!
  どんなにヘボいシュートでも構いませんわ…あの時のわたくし達の最後のように!!

マミ「…ねぇマユ?そのヘボいシュートって誰のシュートの事を言ってるのよ?」

P4073610.jpg

マユ「あら、もうお忘れかしら?
  貴女のシュート以外ある訳ないでしょう、ゴールまで全然届かないシュートを打って桜雪の手を煩わせて…」

マミ「このタイミングでその話を蒸し返す訳!?本当アンタって空気読めないわよね!!」

マユ「空気が読めないのは貴女の方ですわ!
  マリル達がピンチの今、わたくし達がケンカしてる場合じゃないというのに噛みついてくるなんて!!」

P4073611.jpg

ちぃち「おい、さっきお互いの絆がどうとか偉そうに説教垂れてた奴らがケンカし始めたぞ。」

マリル「…忘れて良いかもしれない。さっきのアドバイス。
   というか桜雪と小春があの2人の代わりに来てくれた方が正直ありがたかった。」

マヤ「でも2人とも、前回勝てた実績は持ってるし…マリちゃん、何か良い案はある~?」

マリ「…お二人のアドバイスを信じましょう。私達は長い間、共にアイドル活動を続けてきた仲間です。
  お互いの事は理解しあえているはずです!」

アリサ「オッケー♪とにかく必殺技を使えば良いんだよねー?簡単簡単♪」

P3313579.jpg

マユ「あら?わたくし達が言い争いを繰り広げている間に、どうやら決意が固まったようですわ!」

マミ「どんな攻め方をするのかしらね、あの子達。」

P4073612.jpg

ちぃち「まずは私から行くぞ…クリムゾンパス!おりゃーーー!!」

P4073618.jpg

みあ「えっ!?えぇっー!?」

P2110006.jpg

マミ「相手チームのセンターにクリムゾンパス!?」

バッシイィーン!

マユ「やはり受け止めきれず、ボールは高く弾かれましたわ!
  あれではボールが落ちて来るまで時間がかかって、試合が終わってしまいますわ!!」

マミ「ん?待って、コートに大きな翼の影が…!?」

P3200067.jpg

アリサあーりんマジ天使キャッチ☆

マミ「アリサ!?」

マユ「あの高さのボールを取れるのはアリサだけ…そのために相手に強烈なパスをぶつけ、ボールを高く弾かせたのですわ!」

P3200070.jpg

アリサ「マリルちゃん!あーりんの気持ちを受け取って♡」

マリル「確かに受け取った…アリサの気持ち!」

P3313580.jpg

マユ「既に前へ駆け出していたマリルがアリサからパスを受けとりましたわ!」

マミ「でも相手も流石よ…陣形を崩さず、もうディフェンスに集中してるわ。」

P4073615.jpg

ゆずは「これ以上先へは進ませない!」

さりあ「あのチート技で意識を奪われる前に、ボールもらっちゃうよ!」

マリル「球弾音の子守唄(ララバイ・オブ・ドリブル)に続く第二楽章…」

P2110058.jpg

マユ「あの構えは・・・!?」

マリル球弾音の即興曲(アムプロムプチュ・オブ・ドリブル)!

P2110061.jpg

ズダダダダダン!

さりあ「えっ…あっと!早くボールを取らなくちゃ!!」

ゆずは「さりあ!スティールのタイミングが早すぎる!!」

P2110055.jpg

マリル「陣形が崩れた…攻めるなら今!」

ゆずは「しまった!」

P2110062.jpg

マミ「何!?今の一瞬で何が起こったの!?」

マユ「相変わらず貴女は技の本質を見抜く力が養われておりませんわね。
  マリルは両手を使い、超高速のドリブルでハイテンポなリズムを刻んだのですわ。
  そしてそのドリブル音は二人の精神に焦燥感を抱かせ、スティールのタイミングを狂わせて陣形を崩したのですわ。」

P4073616.jpg

マミ「…アンタのとこのリーダー、相変わらず非現実的な技を使うわね…。」

ころん「2人抜いてもまだ私がいるから!これが本当のジェットストリームアタックだよ~♪」

P2110035.jpg

マユ「2人を潜り抜けたと思ったら、まだいらしたの!?」

マミ「でも問題ないわ…あの子が既にフォローに回ってるみたいよ。」

P3200074.jpg

マリチームメイト・マリオネーション!

ころん「うそ!?完全にドリブルで突っ込んでくるモーションからのパス!?」

マリ「最後は決めて下さい…」

P3200072.jpg

マリ「お願いします!マヤさん!!」

マヤ「フッ…やはり最後に立ち塞がるのは君だったね、まや!」

P2110007.jpg

マミ「何あのキャラ。仮面付けられて洗脳でもされてんの?」

マユ「マヤ…余程悔しかったのですわね、前回わたくし達と一緒にほとんど試合に出られなかった事…。」

マミ「まぁ今回の方が生き生きしてて楽しそうだから別に良いけど…。」

マヤ「私のダブルフィジカルが生み出す超人的なバスケプレー…君は止められるかな!?」

まや「絶対に止めてみせる!」

P2110008.jpg

マヤ「とうっ!」

マミ「ジャンプもせずにスリーポイントシュートを!?」

マユ「確かにもう時間がありませんわ…ジャンプせずともゴールに届くと確信したのですわ!」

まや「えいっ!」

P2110010.jpg

ガッ!

P3200075.jpg

ピピーッ!!











にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村



試合終了を告げるホイッスルがコート上に鳴り響いてから1時間が経過した。
ブログの右側にあるリンクバナー「おもちゃを求めて三千里」のリンク先からは、
未だに選手達が発する歓喜の声が漏れてくる。

そう、我々愛バスチームは最後のシュートを決められず敗北したのだ。

~選手控え室~

マミ「ちょっとアンタ達ー!何負けてんのよ!!
  …あら?全員寝てるの?」

P4103638.jpg

マユ「余程疲れたのでしょう…敗北を喫したとはいえ、彼女達は全力を出してプレーをしましたわ。今は休ませて差し上げましょう…
  というかこの後待ち受ける罰ゲームの事を考えると、束の間の今だけでも休ませてあげないと不憫すぎますわ。

P4103631-1.jpg

マミ「それもそうね…流石のアタシも同情するレベルの罰ゲームだものね。

P4103634-1.jpg

マヤ「(罰ゲーム…?聞いてないんだけど。)」

P4103636.jpg

愛しのドールのバスケットボール -2nd Game-
~完~





愛しのドールのバスケット第二部、遂に完結しました!
前回の第一部に比べると随分大雑把なストーリーになりました。
元々第一部でやりたい事は全て出し切ったので、今回は前回ほど気合を入れずに簡潔にまとめようと思っていたので、
着地はこんな感じかなと…特に後悔はありません。
むしろこれでも丁寧にやりすぎた気すら…(笑)
合計3回、紳士マンさんとバスケ撮影集会を行いましたが、
やはりいざ撮り始めるとあれも撮りたいこれも撮りたいこのマッチングが熱い等々、
追加シーンがどんどん増えていってしまいます(笑)

愛ドル達の描写は前回同様、上手くそれぞれの長所を生かせた気がします。
サポート役で輝くマリ、もはや崇拝対象のアリサ、ノスタルジア編同様カウンターパンチャーのマリル…
このあたりのメンバーは特にガッチリハマったと思います。
ちぃちちゃんが若干空気だったかな…まぁ候補生なので出番は控えめでも仕方ないのです(笑)

…マスクド4番にも触れておきますか?
アゾンで配られてたペーパークラフトを付けてみたらメイジン・カワグチ的なかっこよさに辿り着いて、
バスケ編で使ってみようと思い立ったのがキッカケです。
誰に着けるか考えた時、前回活躍出来ていなかったマヤ一択でしたね。
とにかく強キャラとして描きたかったので、理由をこじつけてポテンシャルを高くしました。
ただそのせいで、うちのチームが自分のブログ記事なのに主人公側らしくなくなって(笑)
途中まで紳士マンさんのチームがどのようにこちらのチートチームを打破するかという方向に焦点が向いてしまいました(笑)

以上、総括でした。
最後まで試合をご覧下さった皆様、何度も撮影にお付き合いして下さった紳士マン様、本当にありがとうございました!
第三部のオールスター試合編でまたお会いしましょう?

PC063509.jpg

ちなみに罰ゲーム記事でスガ、受けるメンバーによってはかなりハードな内容となっております。
更新する私の手も幾分震えておりま菅、近日公開予定です。
スポンサーサイト

テーマ : ドール
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

Secre

No title

バスケコラボ2nd記事、クランクアップお疲れさまでした!
接戦の末敗れはしたものの、必殺技の合体は燃える展開でしたw
最後の握手シーンは、最後を締めくくる爽やかな写真ですね!
あと、ジェットストリームアタックの完成版が見れると思わなかったので、リスペクトしようかなと思いました(笑)

さらに俺たちの戦いは始まったばかりだぜ・・・とばかりに、第三部オールスター試合編の告知!
これは期待大ですね!

そして罰ゲームの内容がかなり気になるところですが、トラウマにならないことを祈っております・・・ww

Re: No title

>紳士マンさん

> バスケコラボ2nd記事、クランクアップお疲れさまでした!
> 接戦の末敗れはしたものの、必殺技の合体は燃える展開でしたw
> 最後の握手シーンは、最後を締めくくる爽やかな写真ですね!
> あと、ジェットストリームアタックの完成版が見れると思わなかったので、リスペクトしようかなと思いました(笑)

最後までコメントを下さりありがとうございました!
最後のボール運びはメンバーの必殺技を一通り考えた後に決めたので、かなり前です。
一番丁寧に描けたと思います!
やはり握手締めは必須ですよね!(笑)
ジェットストリームアタックも、紳士マンさんのブログを見てから考えたので、だいぶ前に取り入れました!

> さらに俺たちの戦いは始まったばかりだぜ・・・とばかりに、第三部オールスター試合編の告知!
> これは期待大ですね!

日本代表選抜で各チームから一人ずつ選出するというルールだけで燃えます!(笑)

> そして罰ゲームの内容がかなり気になるところですが、トラウマにならないことを祈っております・・・ww

前編はもうすぐアップ予定ですが、後編がヤバいかもです…(笑)
プロフィール

遊びに来てくれてありがと~♪

このプロフィール画像、超可愛い!!

プロデューサー名
"dollm@ster" AkiP

プロデュース方針
・ドールの可愛さを伝える
・お気に入りのドールの魅力を引き出す
・ドールに対する内に秘めた感情を発散する
・ドールによる寸劇・ドラマを繰り広げる

当ブログはリンクフリーです

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最新記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ファン人数
バロメーター
ブログランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: